卒業式と入学式の間、春分の今日は、18歳以下無料チャリティ裏話を公開!

第002号
———-
2019/03/21
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いのちの感謝祭メルマガ
Vol.2

──────────────────────
%%sei%%様

おはようございます^^
いのちの感謝祭@IID世田谷ものづくり学校
主催の高山瞳です。

急に暖かな日が続きますね。
昨日から、都内は5月上旬の気温だそうです。

春分と秋分はお彼岸。
昼と夜の時間が同じになり、
霊的な世界と繋がりやすくなるので、
ご先祖供養をする習慣となったそうです。

クラウドファンディングにご支援いただいた方々、
当日、来場くださった方々、
これから来場くださる方々、
関係者の方々へお送りしています。

配信停止は、一番下↓↓↓からお願いいたします。
───────────────────────
【今号の目次】
1.18歳以下無料チャリティの裏話
1-1:大人は何歳から?
1-2:18歳以下=高校生?
1-3:不登校=ひきこもり?
1-4:自由で安全な大人たち?
1-5:18歳以下無料チリティ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1.18歳以下無料チャリティ裏話

いのちの感謝祭では、
親御さんが講師や出店者という子たちも、
ミーティングも当日も参加OKむしろウェルカム。

子供をはじく社会にしたくない、
働く・起業するお母さんをサポートしたい、
などの理由があります。

それ以上に、子供に学ぶことが多いし、
一緒にいて楽しいから、でもあります。

さて、
いのちの感謝祭クラウドファンディング第1弾
https://faavo.jp/tokyo23/project/3419

にてご支援いただいた金額は、
18歳以下無料チャリティに使わせて頂きました。

なぜ18歳以下なのか、、、
実はここに、裏話ポイントが詰まっています。

◎1-1:大人は何歳から?
法律上の”成人”は20歳以上ですが、
社会で「支払う」立場から年齢を見てみましょう。

たとえば、
有名アミューズメントパークのチケット、

ディズニーランド
* 大人:18才以上
* 中人(中学・高校生)12~17才
* 小人(幼児・小学生)4~11才
* シニア:65才以上
* ※3才以下は無料

USJのチケット
* 大人:12歳以上
* 小人:4〜11歳

キッザニア
* 大人:16歳以上
* 中学生
* 小学生
* 園児(3歳〜)

(才・歳の表記そのまま)
表現の違い以外に、
年齢の分け方がそもそもちがってきます。

有名テーマパーク以外も分析した結果、
法律上の「成人」である、
20歳以上を大人とする料金システムはまずない、
と言っていいでしょう。

年齢分けに差異があるのは、
各携帯会社の料金体系が比べ難いのと同じ、
”どちらの方がお得か”を比較しにくくする、
という理由も考えられます。

◎1-2:18歳以下=高校生?

成人を18歳に引き下げる問題は脇に置いて。
次は賃金を「取得する側」からみてみましょう。

法律上、18歳以下は”年少者”とされます。
深夜労働はNG、
クレーンや大型2トントラック取り扱いNG
他にも様々な規定があります。

しかしそれ以前に、
求人広告を見ればわかるのですが、
日本では18歳以下=高校生以下
に、ほぼ100%置き換えられています。

中卒の雇用は、
そもそも一般の求人に出ないのも実情です。

”18歳までは学校に行って当たり前”の風潮。
「不登校」という言葉も高校生までは使われます。
基本的に大学生からは使われません。

実際の求人内容をみても、
新聞配達・コンビニ・ガソリンスタンド・居酒屋
業務内容も”単純作業”とされることが殆ど。

18歳以下は社会的自由度は低いと言えます。

◎1-3:不登校=ひきこもり?

子供が属する社会=学校、が主軸です。
なので不登校になるといく場所がない、
とうぜん高確率で、ひきこもりになります。

個人的には、
魂が賢い子供たちがたくさん降りてきていて、
既存の社会に属さないのは当然だと思っていて。

いつか不登校の方が多くなって、
学校システムが機能しなくなるなり、
大人の側から社会システム全体を改善できる。

そんな日がくるだろうし、
それは希望だと思っています。

◎1-4:自由で安全な大人たち?

実際の社会では、
高学歴=社会的成功者ではありませんし、
「学校」を捨てた成功者も多い。

会社員・公務員・自営業・芸能人・お医者さん
だけが職業ではない。

いのちの感謝祭の講師や出店者を見てください。
いわゆる〇〇という職業の人はいません。
ほんとうに居ない!笑。

好きなことを見つけて、
そのために生きている。
プライベートと仕事が分離してない。

好きなことで稼いで食べていって、
なんなら、すごい!ステキ!って、
「社会」から評価されている。

職業としての”完成形”ではなく、
ありのままの成長・背中を見せてくれます。

そんな大人たちがいる空間は安全で、
希望に満ちています。

◎1-5:18歳以下無料チャリティ

小学生以下無料、3歳以下無料、
はよくあります。

しかし、いのちの感謝祭では、
18歳以下を無料にしたかった。

そしてその費用を、”チャリティ”として、
クラウドファンディングで集めたのは、
みんなを”巻き込み”たかったから。

チャリティや寄付に疎いと言われる日本でも、
最近は興味がある、やりたい人は増えていて、
でも、まだまだいろんな垣根があります。
ハードルが高い。

いのちの感謝祭はあらゆる点で、
”善きコト”を事業に練り込むことを狙っていて。

その一つに「気軽に週末を楽しんだり、
支援として購入して、結果、誰かのためになる」
があります。

そして結果の当日の参加者、、、
1/3以上が18歳以下でした。

クラウドファンディングのレポートにアップした、
写真の雰囲気です。

子供たちがその場で仲良くなり、
大人に遠慮なく自由に走り回る空間。
18歳以下の子たちが真剣に集中する空間。

むしろ子供達が素晴らしい雰囲気を作ってくれ、
間違いなく大人が助けられていました。

不登校・引きこもり・将来の夢がない、、、
さまざまな18歳以下が来てくれて、
その後の変化をみせてくれました。

1月、お手伝いに来てくれたある子が、
2月以降も積極的に来て、手伝ってくれてる姿。

それだけで十分です。
そしてここから広げていく、
2、3月から4月へと繋げていくのです。

みなさんの支援金が、
この土台の2日間を作ってくれたのです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◎次号は、
参加者の人物レポートから当日をおさらい!
当日来れなかった人も来てくれた人も、
当日コンテンツを楽しむ!がはじまります。

お楽しみに!!!!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。