あなたの愛をシェアしよう!お気軽チャリティ

2つのクラウドファンディング&7月20日のイベント入場無料(出店者募集中!)

日本語ラップの生きる伝説!LIBRO初の座談会が生まれるまでvol.5

 
この記事を書いている人 - WRITER -

「なんか年配女性とか子供がたくさんいたんやけど、あれは親族?!LIBROファンの幅が広いの?!」って噂なっていると、ある日、友達の友達の友達の友達ってやつからの噂で聞きましてw

それ、池袋パルコ屋上でのライブなんですけど、そうなんですよね、半分ずつ正解で大正解で。親族とファンとともに幅広いっていう。

すごいなーーー、、、紅白でもないのに親族がライブに来てくれるアーティストって、そうそういないでしょ?!身近な人を愛せなくて、誰を愛せるの?!って話ですよね。

マザー・テレサもインタビューで尋ねられて、

『世界平和のためにわたしたちはどんなことをしたらいいですか?』

こう答えたっていいますよね。

『家に帰って家族を大切にしてあげてください。』

一番身近な家族を愛し、大切にできなくて、世界平和なんてない!!!

「ドイツが流出した頭脳」と呼ばれるクラウス・リーゼンフーバー上智大学明教授が、当時、哲学の授業で「究極のミクロは究極のマクロである」っ的な話を聞いたことがあります。

(知る人ぞ知る、蚊の泣くような?風のささやきのような?あのエレガントな小さな声での講義を、大きな講堂の一番前で全身全霊で聞いたけれど、それしか聞こえなくて1回目で音声状況で挫折して履修をやめたのは内緒。)

(あ、さらに私、カトリックの大学の神学部から、某プロテスタントの大学院神学科に入部を許された歴史上初めての人物で。すいません、こぼれでる英知を披露してしまって。。。嘘。)

話を戻すと、ここで、家族をこれほど大事にし、愛し愛されるLIBROさんだからこそ、遠い遠い1ファンでしかない私をここまで救ってくれるのだなと、納得したわけであります。

LIBROが現代のブッダではなく、マザー・テレサではないか?!という線が浮上してきましたね。。。おそるべし、LIBRO、、、やはり只者ではない。。。

 

2019年4月27日(土)、いのちの感謝祭でLIBRO初の座談会!お席ちょびっとだけなら増やせます。ご予約お待ちしています!こんなすごい企画、嘘みたいや!!!!(西暦と曜日まで書くのは、この日があとから歴史的な日になるとわかっているから。4月27日って表記だけじゃ、間違えて何年後の人からの問い合わせが殺到したら面倒やから。。。)

種取り野菜のお弁当、つけてます。オーガニックとか無農薬でも、種を残せないよう改良されてるF1種が日本の流通の99%。

種を紡いで命を紡がれてきた野菜はほんまに美味しい!野菜の概念が変わる。無意識に野菜を食べたいから、ベジタリアンだかヴィーガンになりたくなる。

野菜嫌いの子供が食べきれたりも!日本のスーパーフードの雑穀も、こんな滋味深くパワフルなんかって。茹でるだけ・焼くだけで美味しい、在来種・固定種・古来種って呼ばれる野菜と雑穀。ユックリとチイサイの大垣亜希子ちゃんが魔法みたいに更に更に、美味しくしてくれます!

オトアワセから、ただいまの時間は「クデ マク テ(マタ)」保護して飼い主さんも見つかったテンちゃんが天国に行ってしまい、その悲しみを歌った歌と言われて聞いたのに、自分に向けて歌われていた曲でした。テンちゃんの愛らしい声に涙が。。。

ってことで、vol.6に続く。。。

明日からネイタルデザインさんにお願いされて我が家のキャンプスタイルの取材と琵琶湖へキャンプなので、なとか今日中に書き上げます!ってまた言ってる!!!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© いのちの感謝祭@IID世田谷ものづくり学校 , 2019 All Rights Reserved.